多田機工について

会社方針                              会社概要                           会社沿革

会社方針

1. 当社は“お客様第一”の考えのもとに、お客様に学ぶ姿勢を大切にし、お客様の立場に立って考えます。
2. 当社は“技術創造”の考えのもとに、あくなき技術への挑戦を実践し、提供する製品を通じて、お客様の満足と信頼を得ることで、社会に貢献します。
3. 当社は“人間尊重”の考えのもとに、人材の育成に努め、全社一丸・全員主役となって研鑽と発展を続けます。

名称

多田機工株式会社

創立

1953年3月

設立

1965年8月

資本金

2億7,700万円

所在地

本社

〒274-0052 千葉県船橋市鈴身町754-14

連絡先

TEL 047-490-0010(代表)

FAX 047-490-0039

第二工場

〒274-0052 千葉県船橋市鈴身町750-2

連絡先

TEL 047-490-0050(代表)

FAX 047-490-0070

事業内容

建設機械用の精密油圧機器や構造部品の製造ならびに販売

産業機械やIT産業用の高精度金属部品の製造ならびに販売

役員

取締役社長  圡橋 伸次

取締役    小笠原琢己

取締役    渡部 康裕

監査役    田中 克明

従業員

247名(2017年4月1日)

社有地

本社    29,735㎡ (建築面積12,992㎡)

第二工場  15,104㎡ (建築面積6,988㎡)

主要取引先

日立建機株式会社

エドワーズ株式会社

住友建機株式会社

SMC株式会社

株式会社日立建機ティエラ

株式会社加藤製作所

株式会社荏原製作所

株式会社日立産機システム

株式会社KCM

株式会社日立建機カミーノ

日立住友重機械建機クレーン株式会社

株式会社日立ビルシステム

(順不同・敬称略)

会社沿革

1953 (昭和28年)

3月  多田建設鉄工部として設立

1964 (昭和39年)

 4月  習志野工場落成

 1965 (昭和40年)

 8月  鉄工部営業部門を分離し、多田機工株式会社設立

  多田建設株式会社鉄工部を多田建設株式会社機工部と改称

 1966 (昭和41年)

 6月  機工部を多田建設株式会社より分離、多田機工株式会社へ合併し習志野工場を本社工場とする

 1967 (昭和42年)

 4月  照明工場に照明部品を創設、輸出向け電気スタンド、蛍光灯および白熱灯の照明器具の生産を開始する

 1972 (昭和47年)

 4月  建設機械部品の専用ラインを確立

 1988 (昭和63年)

 2月  産業用油空圧部品の専用ラインを確立

 1995 (平成7年)

 7月  空圧部品の専用加工ラインを確立

 2003 (平成15年)

 4月  ISO9001:2000認証取得

 2005 (平成17年)

 3月  日立建機株式会社の関連会社となる

 2005 (平成17年)

 5月  建設機械、大型ピン加工工場を増築

 2006 (平成18年)

 11月 ISO14001:2004認証取得

2007 (平成19年)

5月  油圧機器専門工場として第二工場を新設

2014 (平成26年)

3月  OHSAS18001取得

2014 (平成26年)

4月  本社工場新設移転